【WordPress】一覧ページのページネーション計算で使いそうな変数




WordPressのアーカイブテンプレート内でページネーションをプラグインなしで表示する時、表示件数やページ数など(個人的に)使いそうな変数をまとめました。

表示している条件に一致する全件数

条件に一致する全投稿数を取得します。

$found_posts = $wp_query->found_posts;

1ページに表示する件数

WordPress管理機能メニュー「設定>1ページに表示する最大投稿数」で設定されている値を取得します。

$posts_per_page = get_option(‘posts_per_page’);

全ページ数

全件数と1ページ表示件数から計算された値を取得します。

$max_num_pages = $wp_query->max_num_pages;

表示しているページ番号

URLから表示しているページ数を取得します。
注意点として、1ページ目は0になるため、1を代入する必要があります。
正確には1ページ目はURLにページ番号は設定されないため取得できないため0になります。

$paged = get_query_var(‘paged’) >= 2 ? get_query_var(‘paged’) : 1;