よく見る代表的な変数名の命名規則




変数名の付け方についていくつかのパターンがあるのでそれをまとめます。

キャメルケース(camel case)

先頭小文字で2語目以降の先頭は大文字にして表現する方法。
ローワーキャメルケース(lower camel case)とも言われます。
(例)camelCase、snakeCase、kebabCase、pascalCase

スネークケース(snake case)

全て小文字で単語の区切りはアンダースコアで表現する方法。
(例)camel_case、snake_case、kebab_case、pascal_case

ケバブケース(kebab case)

全て小文字で単語の区切りはハイフンで表現する方法。
(例)camel-case、snake-case、kebab-case、pascal-case

パスカルケース(pascal case)

先頭大文字で2語目以降の先頭は大文字にして表現する方法。
アッパーキャメルケース(upper camel case)とも言われます。
(例)CamelCase、SnakeCase、KebabCase、PascalCase

タイトルケース(title case)

単語の先頭は全て大文字で表現する方法。
(例)I Have A Pen.

ちなみにLaravelだと上記ケースへの変換機能が全て用意されています。便利だ。