半年実践してわかったブログを毎日更新するメリット・デメリット




去年12月から今年6月まで約半年間、内容はともかく毎日記事を投稿し続けました。
半年を目標にしていたので、このあとどうしようか考えていたとき、体調を崩してしまい投稿できなくなってしまいましたが、ようやく再開できる目途がたちました。
いつかはブログを更新し続けるメリット・デメリットについてわかったことをまとめようと思っていたのでちょうどいいタイミングかなと思いここでまとめたいと思います。

なぜ毎日更新しようと思ったのか

まずなぜ自分が毎日ブログを更新しようと思ったのかについて思い返してみます。
始める当時はブログ記事として何か公開するということは責任が伴うことだから気軽に書くものではないという変な抑制がありました。
しかし、学んだことをアウトプットし続けたらどうなるのかということがずっとやってみたかったのと、毎日ブログを更新したらアクセス数やサイトの評価はどうなるのかということが知りたかったので、やらないよりはとりあえずやってしまおうと遅かれながら思い立ち始めました。

記事を書き続けて学んだこと

記事を書くスピードが上がった

一度始めてしまうと最初は3,4時間くらい毎日記事を書く時間に使っていたと思いますが、だんだんフォーマットが決まってきたり、確認環境も整い、書くこと自体にもなれてくるので、毎日1,2時間くらいで1記事書けるようになりました。
簡単な記事の場合は30分くらいで終わります。

記事を書き続けるとどんどん書きたくなってくる

はじめて少し経つと続けることが楽しくなってきて、逆に連続投稿を止めてしまうことは絶対にしたくなくなり、なるべく土日の時間があるときに記事を書き溜めるようになりました。
平日も仕事帰りの行き帰りの電車や出社前のカフェなどで少しでも時間があれば記事を書いたり検証するようになりました。

スキルアップに大きくつながる

記事を書き溜めるということは、いろいろなことを調べて検証し、その結果を基に記事を書くのでスキルアップにも大きくつながりました。
私の場合はLaravelをメインで勉強していたので、Laravelのドキュメントで重要そうなところを少しずつ記事にしていきました。
その過程でLaravelの動作を検証するために検証環境が必要なのでDockerを何回も利用したり、データベース操作を行ったり、Laravelのいろいろなコードを検証するために動作確認用のコードを書くことで体に染みついてきました。

ブログを更新し続けると発生するメリット

ブログを毎日更新し続けて感じたメリットは主に以下を感じました。

・アウトプットすることで記憶に定着しやすくなる。
・毎日何かネタを探して深掘りするようになるのでいろいろなことを学ぶようになる。
・記事にするからにはある程度理解する必要があるので理解度があがる。
・続ければ続けるほど検索エンジンにひっかかるようにアクセス数は伸びるので楽しい。

ブログを毎日更新すると発生するデメリット

逆にブログを毎日更新することのデメリットとしては以下がありました。

・ブログ記事を作成する時間を確保する必要がある。
・日中外に出て仕事をしていたので、残業が多くなると毎日更新が体力的にきつくなるときがあった。
・土日は記事を書き溜めておくので学びたいことと記事内容を連動させておかないと時間が足りなくなってくる。

継続できるようにするコツ

1週間くらいは予約投稿しておき余裕を持っておく

記事を溜めておくと余裕が持てるので土日など休みの日になるべく頑張って溜めておくと気持ちに余裕を持つことができます。
また、急な体調不良が発生するときもあるのでそんなときにすごく助かります。
私も半年のうち2回大きく体調を崩すときがありましたが1回目は書き溜めていたので助かりました。

業務に関係のあることをテーマにする

業務に関係があることをテーマにすることで業務にも生かすこともできますし、その結果時間に余裕が生まれることもあり、時間に余裕があればもっと勉強できるのでいいサイクルが生まれます。

記事が短い日があっても気にしない

体調の悪いとき、残業続きで体力的に疲れているとき、急な用事などで時間があまり作れないときもありますが、そんなときは2,3行でも内容がしっかりしていればいいと思います。
2,3行書いても継続には変わりないので続けることを意識し続けることでだんだん余裕が出てきます。

今の自分が読んで役に立つ内容を書く

背伸びをしすぎる記事を書こうとすると時間もかかりすぎるし、時間のわりにたいしたものが書けないことが最初は多いと思います。
続けることを最初は意識した方がいいので、身の丈に合った内容と文字数で続けるということが大切と思います。

まとめ

結論としては、書く内容がどうこうということではなく、書こうと思ったら自分のために書くことがベストかなと思います。
書き続ければ必ずいろいろな面で自分にプラスになりますので。