Googleアドセンス導入まで




概要

今回Google AdSenseの審査が通って広告が表示できるようになったので、自分の審査通過の過程をまとめておきます。

審査開始前の準備

Google AdSense申請は久しぶりだったので最近審査がすごく厳しくなっているということを知らず、サイトの準備ができた段階ですぐに審査を出してしまいました。
その後1日経っても審査結果が返ってこなかったのでなんでなかと思っていろいろ調べていてたら最近審査が非常に厳しいということを知りました。
そのため、本サイトで準備していたことは以下くらいです。

・独自ドメインは設定済み
・常時SSL化
・プライバシーポリシー、お問い合わせフォームは設置済み
・申請時のブログ記事数は5件くらい
・サイトマップは送信済み
・申請時にSearch Consoleでのエラーはなし

このような状態で申請しました。

申請後〜承認まで

申請後、一度Search Consoleでエラーが出ました。
内容は、sitemap.htmlにnoindexタグが設定されているという内容。
プラグインがsitemap.xml以外に自動でsitemap.htmlも出力していたようで、そのhtmlのnoindexのことを指摘するエラーでした。
sitemap.htmlは不要なのですぐに削除してSearch Console上で解決済みの報告をし、エラーが解消された状態にしました。

また、記事については申請後も毎日更新は続けました。
申請後から承認まで行なっていたことはこれだけです。

広告タグについては申請後すぐに設置しました。
当然表示はされず、フロントエンド上は広告枠部分は空白になっているのでちょっと不自然な状態のままでした。

承認後

「お客様のサイトで AdSense 広告を配信する準備が整いました」というタイトルのメールが届けば承認されたことになります。
申請から2週間くらいかかりましたが。
すでに広告タグは設置済みだったので、承認後特に作業はしておらず、広告が表示されていることを確認したくらいです。

審査が通過しないパターン

もう1サイト準備不足のまま申請してしまったサイトがあるのですが、そちらは
「AdSense の利用を開始するには、問題を解決してください」というメールが来ました。
プライバシーポリシーやお問い合わせフォームも設置していなかったので当然かなと思いましたが、以下のような詳細メッセージがありました。

価値の低い広告枠(作成中のサイト)について
AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、コンテンツが不必要に操作しにくいページには、修正が行われるまで Google 広告が表示されません。これには、作成中のページ、機能していないページ、エラー メッセージが表示されるページが含まれます。

具体的な内容は書いていなかったのでどこまで修正したら審査が通るのかは今後検証してみます。
想定される問題はプライバシーポリシー・お問い合わせフォームがないこと、及びSearch Consoleでエラーが発生していることの対応が必要なのかなと思っています。

最後に

審査が厳しいということをよく書いてあったのですが、当サイトくらいでも審査は通るので、プライバシーポリシーとお問い合わせフォームを設置し、独自ドメインで常時SSL化しておき、コンテンツは一貫性のあるものを用意しておけば審査が通らないということはないのかなという印象でした。
ただ、審査は2週間くらいかかったので、申請後は忘れたくらいの気持ちで気長に待つしかないですね。