Macでスリープから復帰すると再起動されている?




いつからかはわかりませんがここ最近、電源を切らず翌朝Macを使おうとすると、再起動しましたというようなメッセージが出るのが気になっていました。

起動時にこのようなメッセージから始まるのはちょっと気持ち悪いですね。。
最初はそのうち直るかなと思っていたのですが、1ヶ月以上続くのでちょっと本体に不安を持ち始めましたが、ふとエラーメッセージをググったら実は本体が原因ではなさそうということがわかりました。
ちょっと一安心。
その内容をまとめました。

とりあえず結論

結論としては、MacbookProやAir2020年モデルでOSがmacOS Catalinaの場合、thunderbolt3にデバイスを接続していると発生する可能性があり、解決策はAppleの不具合対応待ちとなります。
暫定対応として設定でスリープしないようにしたことと、なるべく電源は切ることにしました。
OSをBig Sirにした場合、もしかしたら解決できるのかもしれませんがこちらはまだ未検証です。

調べたこと

発生している現象

エラー内容

スリープから復帰したときと思うが、再起動された状態になっている(ダイアログ表示あり)。
私が表示されているエラーは以下の内容です。
Intel CrashLog recorded due to unexpected reset

エラーが発生するタイミング

PCをつけっぱなしで数時間放置したあとが多い。
おそらくPCがスリープ状態になったとき?

PC環境

エラーが発生しているPC環境は以下でした。
macOS Catalina バージョン10.15.7
MacBook Pro (13-inch, 2020, Four Thunderbolt 3 ports)
プロセッサ 2 GHz クアッドコアIntel Core i5
メモリ 16 GB 3733 MHz LPDDR4X
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 1536 MB

調査内容

まず表示されていたエラー「Intel CrashLog recorded due to unexpected reset」でそのままググってみると、似たような現象がたくさんでてきました。
その中で上位に表示されているAppleのサポートコミュニティでほぼ解決でした。
https://discussionsjapan.apple.com/thread/252188173

この投稿の中で紹介されていたさらに詳しく説明されているウェブページはこちら。

macOS Catalina 10.15.6のMacBook Air/Pro 2020モデルでThunderbolt 3 Dockに接続されたUSBデバイスやモニター利用できなくなる不具合が確認される。
https://applech2.com/archives/20200818-macos-catalina-10156-intel-crashlog-recorded-on-macbook-pro-2020.html

macOS Catalina 10.15.?(マイナーバージョンは詳しくわかりませんが私は10.15.6でも10.15.7でも発生)、MacbookProやAirの2020年モデル限定で発生している模様。
発生条件はTbunderbolt3に接続されたデバイスがあるとスリープからの復帰時にエラーが発生するようでした。

なお、私が接続していたデバイスはモニター2台とAVアダプタでした。
HP Z27n
↑これの24インチ版を使っていました。
Apple Lightning – Digital AVアダプタ

暫定対応

暫定対応としてスリープしないように電源アダプタ接続の場合は以下の手順でスリープしないようにしました。

スリープしないようにする手順

(1)左上アップルマーク>省エネルギー>電源アダプタタブを開く
(2)「ディスプレイがオフの時にコンピュータを自動でスリープさせない」にチェックを入れる
(3)「可能な場合はハードディスクをスリープさせる」のチェックを外す

以上です。
そもそも長時間放置するときは電源をオフにしたほうがいいかもですね。
私の場合は家作業で遭遇することだったので上記で解決できましたが、あまりそういう状況はないかもしれませんがバッテリーで利用している時にThunderbolt接続がある場合、上記だと解決にはならないし、すごくイライラしそう。。

おわり

最初は自分のPCだけの問題で、修理とかだとめんどくさいなと思っていたので一安心ではありますが、解決策も現状ないのがちょっと面倒なところでもあります。
早く修正されることを待つのみです。