【Laravel】Laravel5.7のヘルパーを一気に勉強(24) − resolve()




この記事は最終更新日から1年以上経過しています。

前回app()関数で指定したインスタンスを取得することができることがわかりましたが、resolve()もほとんど同じ使い方ができます。
ほとんど同じというか、ソースを見てみるとわかりますが、resolve()の中でapp()関数を呼んでいるだけでした。
こんな感じ。

function resolve($name)
{
    return app($name);
}