【Laravel】Laravel5.7のヘルパーを一気に勉強(7) – 文字列その1




Laravel5.7の文字列に関するヘルパーその1です。
なお、前提として以下の設定が必要となります。
use Illuminate\Support\Str;

__()

指定したキーで表示対象言語の翻訳情報を取得します。
キーが存在しない場合はfallback_localeで指定されいる言語で翻訳情報を取得します。

echo __('auth.failed');
// These credentials do not match our records.
// ↑resources/lang/en/auth.phpに定義されている内容を表示(言語設定がenの場合)

Str::camel()

指定した文字列をキャメルケースに変換します。

echo Str::camel('I_have_a_pen');
// iHaveAPen
echo Str::camel('i-have-a-pen');
// iHaveAPen
echo Str::camel('i_have_a_pen');
// iHaveAPen

class_basename()

指定したクラスパスから名前空間をのぞいたクラス名を取得します。

echo class_basename('App\Http\Controller');
// Controller

e()

htmlspecialchars関数を実行します。
double_encodeオプションはtrueを設定しているので、HTMLエンティティもエンコードされます。

echo e('<Html><head></head><body></body></Html>');
// &lt;Html&gt;&lt;head&gt;&lt;/head&gt;&lt;body&gt;&lt;/body&gt;&lt;/Html&gt;

Str::endsWith()

第二引数に指定した文字列が第一引数の最後の文字列か判定します。

echo Str::endsWith('I have a pen', 'pen');
// true
echo PHP_EOL;
echo Str::endsWith('I have a pen', 'apple');
// false