【Mac】コマンドラインからファインダーやファイルを開く




コマンドラインを利用している時に指定したパスのFinderでひらけたら便利ですよね。
それを実現できるコマンドが「open」コマンド。
基本動作とよく使うオプションを紹介します。

指定したフォルダをFinderで開く

open [フォルダパス]

指定したファイルを関連づけられたアプリケーションで開く

open [ファイルパス]

複数ファイル指定やワイルドカードなども使えます。

open *.png

指定したファイルをテキストエディタで開く

open -t [ファイルパス]

アプリケーションを指定して開く

open -a [アプリケーションパス] [フォルダパス]

アプリケーションパスはだいたい/Applications/*.appになると思います。

よく使うコマンドは以上です。
さらに詳しく理解したい場合は「open –help」でコマンド詳細を確認できます。